デート服に合わせるバッグ【婚活男性ファッション】

「汎用性あるバッグ」と「デート服専用のカジュアルバッグ」の違い


■汎用性あるバッグの共通点とは!? 時折、ジャケットにカジュアルすぎるバッグをもっている婚活男性を見かけますが、これはリスクです。 というのもバッグと服のバランスがおかしいと違和感だらけのコーディネートになります。 これを防ぐために、「服とバッグ」のバランスが重要です。 そのバランスを男性は「色」だと誤解しがち。たとえば、冠婚葬祭で着る「黒色」はドレス感ありますが、バッグの場合、色ではドレス感をカバーできません。 カタチと質感で、ドレス感を重視しましょう。このグレージュ色のバッグは明るいバッグなので、カッチリしていますが、デート服にも合わせられます。 そして、カタチと質感がしっかりしているのでジャケットにも合わせれるのです。汎用性あるバッグとは「カタチと質感」はカッチリしていて、色はグレージュや明るい色だということ。 ■明るい色でも質感次第でカジュアル 一方、以前紹介した明るいバッグ。これはこれでステキですが、2枚の写真を比較したとき、質感がカジュアルです。 その違いの一つが、「フォルムの違い」です。 ・ フォルムが丸っこいより直線的な方がドレス感あります。もちろん、丸いものすべてがカジュアルなわけではありませんが、男性のバッグでは、この違いをひとつの目安にしましょう


服はユニクロでも、バッグはまあまあお値段しますね。でも女性はもっとお高いものを持っていますから、男性もこれくらい掛けてもいいのではないでしょうか。

https://onlinestore.only.co.jp/products/detail.php...

閲覧数:20回0件のコメント